素材本来の旨味を引き出し、そして閉じ込める...

ちょっとした調理のコツやひと手間で、心と体に優しい料理を作ることを心がけています。素材の持つ味わいを引き出す、閉じ込める...ことで醸し出される自然の味わいを楽しみたい...。また、料理する食材の組み合わせや供し方に、遊び心や驚きがある楽しい食卓を目指してもいます。食材の切り方、盛り付け方も料理の醍醐味です。
教室では和、洋、中、エスニックなど幅広い分野のレシピをシンプルな材料で作り、基本の調理法や下ごしらえのもつ意味合いをしっかりと理解していただくことに努めています。感動と滋味を両立させる料理法で、おもてなしにも行事料理にも応用できる毎日のおかず作りを一緒に楽しめればと願っております。


Information

2019/04/08
お知らせ「読売新聞「食」」2017年12月13日
日本消化器病学会「食と消化器病委員会」座談会のご報告 New
日本消化器病学会で「食と消化器病委員会」の諮問委員として「正しい食事で健康になろう!」という活動を始めています。
まずは日本人の食生活の「今」を知ることから始めようと、専門の先生方の調査・研究を基に座談会形式で日本人の食生活の 実態を認識・共有し、問題点を探っていく事になりました。
第一回の座談会が終わりましたのでそのご報告をさせていただきます。
非常に興味深いことがいろいろとわかりますので是非お時間のある時にお読みいただければと思います。
第1回「日本人の食生活の現状について」

2018/05/11
お知らせ「読売新聞「食」」2017年12月13日

日本消化器病学会より「食と消化器病委員会」の諮問委員を拝命し、活動が始まりました

「正しい食事で健康になろう!」を大きなテーマとして、巷にあふれる食にまつ わる様々な情報や 疑問に対し専門的見地からエビデンス(科学的根拠)に基づいた正しい情報のプラットフォーム(土台)作りを目指します。
消化器の専門家である医師、管理栄養士の方々との活動になりますが、 料理に関わっている私が常日頃から非常に知りたいと思っていたテーマでもあり、 専門知識のない私たちは「何を知りたいか?」「どう伝えればわかりやすいのか?」 といった視点からお手伝いしていければと思っています。 こちらのHPでも活動内容をお伝えしていく予定です!


BOOKS
定番料理をとびきり極上に
え?ママより美味しい?
定番料理をとびきり極上に


「極上のハンバーグを習いたい!」料理教室で投げかけられたひと言から始まったいつもの料理をとびきり美味しくするためのレシピ考察。 「明日もまたこれを作って!」と言われたいあなたに捧げる一冊です。 美味しい料理があればみんなでそれを囲むことができる。笑顔になって会話も弾む。笑顔になれれば明日につながる。 たとえ極上ではなくても手作りの料理が家族の原風景になることを願って! 今回は、動画(QRコード付き)でさらにわかりやすくなっています。
冷蔵庫から始める残らない暮らし 青春出版社
冷蔵庫から始める残さない暮らし
~ よりスリムに心豊かな生活へ ~


ある日、我が家の「空っぽの冷蔵庫」が驚きを誘ったことから始まった本書の企画。積み重ねた料理研究を通して、また年を重ねることでたどり着いた「ため込まず、残さない」暮らし方。このたび、この暮らし方に共感をいただき、我が家の冷蔵庫を通して、料理のみならず、生活全体を俯瞰してご紹介することになりました。
サラダ料理 Simple Note
ふたり暮らしのシニアごはん
~ かんたんなのに驚くほどおいしい!全90 レシピ ~

Gakken((株)学研プラス)より2015年10月に発売になりました。
若いころには分からなかった「体にやさしい味」を求めて。素材の持つうまみ、甘味、苦み、辛味、それらを存分に引き出すための調理のコツを『シンプルに心地よく暮らしたい』という思いを込めてご紹介します。
サラダ料理 Simple Note
『ここを教えてほしかった! 料理上手のおいしいメモ帳

(株)青春出版社より2015年3月に発売になりました。
煮物、焼き物、炒め物、揚げ物、素材、調理器具、盛り付けなど、20年間コツコツ貯めてきた身近なノウハウを1冊にまとめた渾身の「知恵袋」です。
サラダ料理 Simple Note

『手間なく作る おいしい朝食レシピ

(株) 旭屋出版より2015年2月に発売になりました。
基本の卵料理やカリカリベーコンの作り方、ジュースやスープなどの簡単レシピ、朝食に便利な常備菜や冷凍品、残り物の活用術など手間なく作れるレシピをご紹介しています。朝食を少しでも楽しんでいただけたら幸いです。


copyright © 2016 Sawako Nakano. All rights reserved.(無断転用・複写はお断りいたします)/ 写真撮影協力:後藤弘行、下元寿暢